専門スタッフがご訪問して行う「カートリッジ交換の作業手順」になります。

カートリッジを交換するだけではなく、雑味の原因になる汚れをクリーニングいたします。

 


カートリッジ交換時の作業内容(ビルトインタイプ)

①設置状況確認及び浄水を通水して、現状を確認します。

②シーガルフォー本体からIN/OUTホースを外します。

③IN/OUTホースを専用アダプターで直接つなぎ、水道水を流します。

 ※IN/OUTホース内に付着した汚れを流します。

 ※塩素が含まれた水道水を流すことでホース内部を殺菌します。

④シーガルフォー本体を開け、内部に残っている除去された汚れの状況を説明します。

⑤カートリッジを外し、本体及び各部品を清掃します。

⑥水栓の清掃をします。

 ※ノズル部分は専用ブラシで内部を清掃します。

 ※吐水口金具組は分解して、付着したカルシウムなどを落とします。

⑦カートリッジを交換し、本体を組み立てます。

⑧IN/OUTホースを接続します。

⑨浄水を流します。

 ※通水直後はカートリッジ保護のための、黒い吸着剤がでます。

 ※漏水などの確認をします。

 ※パッキンなど消耗品の劣化があった場合は、交換します。

⑩塩素反応試薬を用いて、正しく浄水ができているかを、お客様にご説明します。


カートリッジ交換時の作業内容(カウンター据置タイプ)

①設置状況確認及び浄水を通水して、現状を確認します。

②シーガルフォー本体から、ノズル及びD用ホースを取り外します。

③蛇口から切替コックとアダプターを、切替コックからD用ホースを取り外します。

④シーガルフォー本体を開け、内部に残っている除去された汚れの状況を説明します。

⑤カートリッジを外し、本体及び各部品を清掃します。

 ※D用ロングノズルは専用ブラシで内部を洗浄します。

 ※付着したカルシウムなどを落とします。

⑥カートリッジを交換し、本体および各部品を取り付けます。

⑦浄水を流します。

 ※通水直後はカートリッジ保護のための、黒い吸着剤が出ます。

 ※漏水などの確認をします。

 ※パッキンなどの消耗品の劣化があった場合は、交換します。

⑧塩素反応試薬を用いて、正しく浄水ができているかを、お客様にご説明します。